【Bubble】グラフ(チャート)でデータを表示する方法

こんにちは!EPICs合同会社の大熊です!

今回はアプリ内のデータをグラフ形式で表示する方法について解説をしていきます!

動画解説バージョンはこちら!

目次

実装イメージ

今回の実装の完成イメージは下記です。

ユーザーネームと各ユーザーの来店回数をカウントで取得して、
どのユーザーが何回来店したか?を回数が多いユーザーを左から順番に表示させていきます。

準備物

①Userのデータベース

②来店回数(Number of visits)のデータベース

③Chart element-Plug in

UserとNumber of visitのデータベースはそれぞれこのような感じで準備をしています。
(userデータのuser typeは無くて大丈夫です。)

実装方法

①Chat Elementの取得

まずはPluginよりChat Elementをインストールしましょう。

②Chat Elementの配置

インストールが完了したらvisual elementの中にLine/ber chartという表記で表示されるので、こちらを配置してください。

Chart typeは円グラフや折れ線グラフなど5つから選べますが、今回は棒グラフにしたいのでBarを選択します。

Data typeはNumber of visits(グラフにしたいデータ)を選びましょう。

③Data sourceの設定

次にData sourceの設定です。

Do a search forを選択し、Data typeはNumber of visitsにします。

次にData sourceでgroup byを選択し、詳細設定ではAdd a new groupingではvisit userを設定。

Add a new aggretionにはcountを設定しましょう。

このgroup byは簡単に言うとどのデータを取るかを指定するものです。

今回はユーザーとそのユーザーの来店回数を取りたいので、上記の設定にしています。

ここまで出来たら再度Data sourceに戻ってsortedを選択し、詳細設定でsort byはcountにDescendingをyesにしましょう。
sortedは順番を指定する設定です。

sort byで何を順番の基準にするか?を決め、Descendingで昇順降順を決めます。
こちらをyesにすると昇順で並ぶようになります。

これでData sourceの設定は完了です。

④value expressionの設定

次はvalue expressionの設定です。value expressionは「y軸に何を表示するか」を決めるものになります。

今回はy軸には来店回数を載せたいので、current point’s countを選択します。

⑤Lavel expressionの設定

最後にLavel expressionの設定です。

Lavel expressionは「x軸には何を表示するか?」を指示するものになります。

こちらはユーザー名を表示したいのでcurrent point’s visit user usernameとします。

こちらで設定は以上です!

最後に検証をしましょう!

いかがでしたでしょうか?今回の記事も少しでも皆様の開発や開発を検討している方の参考になりましたら幸いです!

EPICs合同会社では多くの実績をもとにしたアプリ開発のご相談から実際の開発まで、開発にまつわる課題解決を支援しています!
アプリ開発でお困りの方は気軽にご相談ください!(EPICs合同会社-開発事業ページ)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次